周囲の人の不安解消へ

贈り物

新しい住人になったことを知らせる必要

引越し作業が一段落した時には、挨拶に伺うことになります。挨拶はいつでも良いと言う訳でなく、出来るだけ早く済ますことも周囲の人には良い印象を与えることになります。特にアパートやマンションに入る場合、どんな人が新しい住人になるのか不安に感じる人もいるからです。もちろん新しい住人がどんな人なのかを知りたいと言う興味もあるに違いありませんが、これから毎日顔を合わせることになるのですから、互いに良い関係でありたいはずです。伺う時間帯は、あまり遅くとも迷惑と言うことが考えられますので、夕方18時まえまでには終わらせておきたいものです。しかし独身所帯と言う時には多少遅くとも構いません。また当日などに挨拶出来ない場合も考えられますが、数日間の間には終わらせたいものです。休日が近い時には昼間と言うことも可能ですが、数日間経っても挨拶が出来ない時には、簡単な引越し挨拶の手紙と共に手土産を添えて郵便受けなどに投函しておくと良いと思われます。最近は不審者の心配もあることから、独身女性の引越し挨拶は控えても良いとされるようになりました。一軒家住宅に引越した時、挨拶が必要とされる人たちは、向いに住む三軒と両隣りに住む人の最低五軒です。また自宅の裏側の住宅が近い時には、裏三軒にも挨拶が必要となります。これがアパートやマンションの場合では、両隣りの部屋と向かいの部屋、更には上下に部屋と言うことになり、やはり五軒ほどの挨拶が必要です。そして忘れていけないのが、大家さんや管理人さん、町内会長さんへの挨拶も忘れないようにしましょう。

Copyright© 2019 引越し挨拶の手土産の定番とその特徴について紹介 All Rights Reserved.