新しい地区での生活

男女

新生活の近所との関係を考えましょう

引越しはこれから近所付き合いや町内会などの必要がでてきます。ですから近所の方への挨拶は引越し作業の大切な要素の一つです。挨拶は手土産を持っていく方がいいのかなど、どの程度の手土産と考えたらいいのか、町内会全てか隣近所でいいのかなど、どの範囲まで必要なのかなど疑問点が多いと思われます。最近では近所付き合いに係る事件などが発生しています。これは言い換えれば近所トラブルが発生していると言えます。これに対する備えと言う意味でも引越しの挨拶は良く考えておくべきでしょう。女性の一人暮らしの場合などは十分に考えておく必要があります。また、子供がいる家族の場合は、近所だけでなく学区などを把握し、その後の教育環境や困ったときの助け合いを考えておいたほうが良いでしょう。さらに、子供による騒音がトラブルになる場合もある可能性も考えておきましょう。これらを考慮したうえで、特別な理由がなければ、一般的な範囲は向こう3軒両隣と言えるでしょう。引越しの挨拶の時期は引越し作業が始まる時期も考慮しておいた方が良いでしょう。業者が道を塞いだり、荷物で道路を塞いだりして近所に迷惑かけることがあるからです。引越しの挨拶には、手土産を持参するのが一般的です。高価なものは必要ありません。また、珍味など好みのあるものや生鮮食品など貰って困るものはやめるほうが無難です。引越しの挨拶での手土産の定番は、タオル、洗剤などの消耗品、お菓子などですが、そばが縁起物として贈り物とされる場合もあります。

Copyright© 2019 引越し挨拶の手土産の定番とその特徴について紹介 All Rights Reserved.